2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 19××年のUFO | トップページ | お正月なので「日本酒復活企画」の話を… »

2008年1月 8日 (火)

再び「アースパークプラン」

昨年暮れ(といっても10日ほど前)某テレビ局の年末特番「ジュセリーノの驚異の予知夢」という番組を見ていました。
世界に起こる色々な厄災を事前に夢に見、それを世界各国に通知・警告、結果としてはほとんどがその通りになっているという、恐ろしい正確な予知夢です。彼はその通知を役所に公文書として登録、自分の言動・通知に責任を持ちます。

はじめはすごい人だと思っていてみていたのですが、というのは私も若い頃、ずいぶん色々夢を見せられ、自分のことはともかく、社会的なこともずいぶん夢を見せられ、半ば迷惑していたのですが――例えば社会的なことは、三原山の噴火、三木首相の誕生(青天の霹靂)、昭和天皇の崩御、自民党政権の崩壊…等々、私がなぜ社会の先行きを夢見るのか、チートモ分かりませんでした。(今も分かりません…)

しかも大体は初夢で(1月2~3日の夜ぐらい)見ます。三原山の噴火は1月に夢見て、もうすっかり忘れている12月に噴火、それに表現が抽象的で時々自分でも間違えます。自民党政権崩壊のときは、会社が霞ヶ関にあり(元の通産省の隣)夏の暑い日(日付はもう忘れましたが…)会社や近くのビルがすべて崩壊、社長と私が呆然と瓦礫の中に立っている夢でした。
臆病な私はこれは大地震だと思い、夢に出てきた日付の前日用もないのに大阪に出張、家族も田舎に帰しました。翌日朝刊に出ていたのは大地震ではなく、自民党政権の崩壊でした。つまり今までの霞ヶ関の権威が崩壊した日でした。
どうりで私と社長は瓦礫の中でピンピンしていました。私はほっとして頭をポリポリ掻きながら東京へと戻りました。

オット話はジュセリーノの予知夢について、彼は番組の最後に恐ろしいことを言いました。地球環境に関することです。
2015年ヨーロッパで熱波~大干ばつ、2017年には地球規模に拡大。(すでにオーストラリアで大干ばつ)2028年ベネチア水没。(すでに南の環礁国家は水没中)2038年アフリカで摂氏58度。(生きてゆけるのか?)2040年アマゾン熱帯雨林の消滅。2043年世界の多くの人が死滅!(何億?半分?絶句!)

私の「アースパークプラン」も熱帯雨林の消滅は2040年前後、ゾッとしました。ここ数年温暖化による影響で、日本も世界も大規模な気候変動が起こり続けています。ヨーロッパの熱波、大洪水。アメリカに上陸する巨大ハリケーン。オーストラリアの大干ばつ。日本の台風や大雨による被害、夏の猛暑。
これはたまたま起こったのではなく、温暖化の進行に伴う気候の大変動でおきた気象現象で、これからさらにひどくなり、破壊のスピードは加速します。

今世界中が温暖化ガス・二酸化炭素削減で沸き立っていますが、いまだに地球がひとつになって環境改善に取り組もうとしていません。昨年12月バリのCOP13(国連気候変動枠組み条約締約国会議)でさえ、各国の利害が対立し、具体的な数値目標さえ設定できません。
将来生き残った人々の歴史の中で、2000年のアメリカの大統領選挙が人類の分岐点になったと言われることでしょう。石油屋のバカブッシュが(名前のとおりブッシュ=藪なので、高い地点から世界を見渡せません)環境派のゴアを僅差で破りました。その結果ブッシュは京都議定書から離脱、国内の環境学者に圧力をかけました。世界最大・最強の国家元首が大きな判断ミスをしたのです。

私の提案は簡単です。「アースパークプラン」――世界を挙げて、国家間の利害を超えて、温暖化ガス・炭酸ガス削減を地球規模で推し進めること。さらに車の両輪である、緑環境の保護・修復を推し進めること。特に地球の換気システムである熱帯雨林を保護・修復すること、これにつきます。
いくら二酸化炭素を削減しても、地球が砂漠化すれば、緑の衣を剥ぎ取られれば、地球は酸素を作り出す力を失い、人類・生物は死滅します。

どうか、地球に等しく住む、市民や企業や国家は、この地球生命存亡のときに、それぞれのエゴを捨てて、この美しい地球を救うため立ち上がってください。この宇宙の奇跡、青い地球を守ってください。
私はもう年なので多少の苦しみを受けたり、壊れてゆく地球を見つつ生きてゆくのは構わないのですが、私の子供たち、日本の子供たち、世界の子供たちが苦しみ、絶望にさらされ、むなしく死んでゆくのを見たくありません。神よどうか人類に英知を!

●アースパークプラン要約

●アースパークプラン

●ジュセリーノ予言(2006年からの予言)

« 19××年のUFO | トップページ | お正月なので「日本酒復活企画」の話を… »

環境・自然・農業」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び「アースパークプラン」:

« 19××年のUFO | トップページ | お正月なので「日本酒復活企画」の話を… »